辛い更年期障害を改善する方法|素敵な毎日を送るために

ドクター

癌に負けない暮らしの為に

女医

癌性胸膜炎は、肺を覆う膜である胸膜に、他の部位から癌が転移して行きた結果に起こる病気です。炎症が起こり、胸水が溜まるので患者さんにとっては辛いもので、その苦痛を取り除く治療も、癌治療と併せて検討していきましょう。

詳細を読む

胸膜に起こる癌

病室

癌性胸膜炎と呼ばれる癌は乳癌や肺癌患者が併発しやすい疾患で、近年の乳・肺癌患者の増加が癌性胸膜炎の患者が増えていることにつながっています。気道から胸にかけての症状が多く、併発している癌に対する治療を強化しながらケースに応じて手術を行います。

詳細を読む

ハーブティーで和らげる

悩む女性

どのような症状があるのか

更年期障害は、40代後半から起こる様々な不調を指します。頭痛やめまい、ほてり、イライラなどがあり、女性ホルモンの影響により起こりますが、近年では30代でも更年期障害を感じる方が増えています。そのため、症状に心当たりがある方は、早めに病院で診察を受けると良いかもしれません。ちなみに、更年期障害は個人差があり、人によって症状の出方も異なります。このように症状が異なる場合は西洋薬よりも漢方薬の方が効き目が現れやすくなっています。更年期障害対策としてハーブティーを飲む、ということが挙げられます。ハーブティーにも様々な種類がありますので、種類毎の特徴を把握して自分に合ったものを飲むと良いでしょう。また、更年期障害はストレスによっても症状が重くなることもあるので、ハーブの香りを嗅ぐだけでも効果が現れやすくなります。

どういったハーブが良いか

更年期障害に良いハーブにはペパーミントやラベンダー、それからレモングラスやチェストツリー、ジンジャー、ローズヒップ、ローズマリー、そしてカモミールなどがあります。このうちリラックス効果があるのがレモングラスやラベンダー、チェストツリー、カモミールです。特にカモミールは更年期障害に伴う頭痛や不眠に効果があり、心だけでなく様々な痛みも緩和することができます。ローズマリーやローズヒップ、ジンジャーは血行を良くする働きがあるので、冷え性になっている場合や便秘がちな場合に効果を示します。むくみや肩こりも改善することができます。ハーブティーは熱湯に入れた後十分に蒸すことが大切です。手軽に飲むことができるので、更年期障害を簡単に和らげる方法として注目されています。

様々な種類がある

看護師

十二指腸がんは、稀に見るがんですが、早期発見が大切です。定期的に健康診断を受けることで早期発見できれば、予後は良好ながんです。また今からできることとして、食生活を改善したり、アルコールの飲み過ぎには注意し、禁煙を心がけましょう

詳細を読む