癌に負けない暮らしの為に|辛い更年期障害を改善する方法|素敵な毎日を送るために

辛い更年期障害を改善する方法|素敵な毎日を送るために

医者

癌に負けない暮らしの為に

女医

苦痛を和らげる事も大事

癌性胸膜炎とは肺を覆う組織である胸膜に、他の部位のガンが転移してしまった状態を言います。炎症が起こったり水が溜まるために、席や胸の痛み、呼吸困難が現れたりと、患者さんにはつらい症状が多いです。他の部位の癌が進行して転移してきたために起こりますので、予後は良いとはい言えず、余命は僅かな場合もしばしば見受けられます。癌に立ち向かう中で、苦痛をできるだけ和らげ、良い時間を長く過ごすためには、適切な処置が大事になってきます。根治治療は癌を駆逐することですが、癌性胸膜炎自体の症状を抑える治療方法も行うことで、癌と戦いながら暮らしの質も改善できます。方法は胸腔ドレナージや胸膜癒着手術などがありますので、医師としっかり相談しながら考えていきましょう。

胸水への対策を考える

癌性胸膜炎では癌の根治治療と共に、苦痛を和らげ、暮らしやすさを維持、向上するための治療を考えていきましょう。この病気では胸水が溜まる為に呼吸困難や息切れが頻出しますが、この苦しみに対処するために、胸腔ドレナージが用いられます。胸腔ドレナージは胸腔内にたまった水分を排出するためにドレーンという器具を使うさせる方法で、これによって胸水を取り除き、呼吸を楽にすることが出来ます。しかし、この方法では再発が考えられますので、胸腔内の水位が下がれば、そのまま薬品を用いて胸腔癒着術を行うことも出来ます。胸腔癒着術では胸腔を無くしてしまうので、胸水がたまることを防ぐことが可能です。癌性胸膜炎の病状に合わせて色々な実施方方法があり、違ったアプローチを取ることも可能ですので、納得できる方法を考えたいものです。