胸膜に起こる癌|辛い更年期障害を改善する方法|素敵な毎日を送るために

辛い更年期障害を改善する方法|素敵な毎日を送るために

医者

胸膜に起こる癌

病室

乳癌や肺癌との関係

癌細胞が体の各所で増殖すると、悪性腫瘍として臓器や器官を蝕んで体の機能が低下し、進行すると死に至ることも多々あります。癌性胸膜炎は癌の一種ですが、胸膜自体は癌が生じにくいにも関わらず患者数は増えており、その背景には癌性胸膜炎と乳癌・肺癌との関係があります。乳癌は基本的に女性がかかる癌で、症状が出ないこともあるため定期的な癌検診を受けることがテレビや芸能人のブログで宣伝されています。他の癌と同じように乳癌は血液などに乗って全身に転移していきますが、特に胸膜と呼ばれる部位に転移しやすく、その結果癌性胸膜炎という疾患が生じます。また、高齢化によって肺癌患者数も増えてきており、乳癌と同様に癌性胸膜炎を引き超す要因の一つとなっているため、癌性胸膜炎自体の患者数の増加につながっています。

症状と治療法

初期段階の癌性胸膜炎では咳が頻繁に出るなど、一般的な風邪と区別がしづらい症状しか出ないため早期発見できるように癌検診が推奨されています。中期以降の段階になると呼吸困難やみぞおちの激しい痛みなど、気道から胸にかけて様々な症状が現れてきます。癌性胸膜炎の治療の際は既に乳癌などの治療を受けていることが多く、抗癌剤の投与や免疫療法などのすでに受けている治療を強化します。また、手術で直接的に癌性胸膜炎を緩和することも多いですが、短期間の手術を行うと副作用や後遺症が強く出やすいため、長期的に時間をかけて手術療法を行っていきます。以上のように、癌性胸膜炎は呼吸に関する症状や胸あたりの痛みの症状が出て、治療は他の癌に用いている療法と並行して、進行度によっては手術を行うという特徴があります。